老朽化による修繕 ID-34

本物件は老朽化が著しく、建物の部材や設備等に経年変化による劣化がみられる。借主はこれを承諾の上、本物件を借り受けるものとし、雨漏りやサッシの不具合など賃貸借契約の目的が達せられない場合を除き、建物の修繕を要求しないものとする。